マイホーム選びは「根拠」が大切です。

インターネットが今ほど普及する前、不動産の購入にお客様がお問い合わせをなされる不動産業者の数は、平均6社程度と云った統計を聞いたことがあります。ネットの普及で今はもう少し少ないかもしれませんが、ご紹介や知人等は別にして、1社だけに頼られているお客様は少ない様に思います。

事実、私共にお問合せを頂いたお客様にお伺いさせて頂いても、2社・3社位にお問合せをなされいるお客様が多い様にお見受けします。

お問合せを頂いた際に、過去にご興味をお持ちになられた物件のことは勿論、資金計画はどの様にお考えでいらっしゃるか、どの銀行への申込みが有利だとお聞きになられていらっしゃるか等お聞きすると、結構以下の様なお返事が多いのも事実です。

過去にご興味をお持ちになられた物件は、お客様個々のご希望やライフスタイルも異なりますので一概に申し上げることは出来ませんが、ご資金計画については、「〇〇銀行もしくは△△銀行で申し込みましょう」と、一方的に不動産業者の薦めるがままになっておられるお客様が多い様です。

大勢のお客様は今迄の人生と同じ期間もしくはそれ以上の付き合いとなる長いご返済となるのですから、物件探しと同じ位、お借入先についても慎重にご選択をなされるべきだと思います。

ただ、日常別のお仕事をなされている一般のお客様が、複数の金融機関の、それぞれの融資条件や特徴を把握出来るわけもございません。それをご提案させて頂くのも私共不動産業者の仕事です。そこで、タイトルに記しました「根拠」を問われてみるのが宜しいかと思います。

「何故、〇〇銀行が良いのですか?他の銀行に比べて何処がお奨めなんですか?理由や違いを説明して下さい」と尋ねて、「お奨めする根拠」を即答出来ない様では要注意です。

金利だけで無く、その時々のキャンペーン等で疾病特約をサービスしてくれる場合等、随時金融機関も新しい商品を期間限定で出してきたりしますので、お客様のご事情とご購入の時期で、最良の申込先をご選択なされるべきだと思います。(借り換えには保証料や、設定費用などお金も過分にかかりますから)

物件選びもそうですが、ご資金計画についても、お客様ご自身が「ご納得」なされてお買い求めになられるのがベターかと思われますので、焦らずじっくりご検討下さいませ。マイホームといえど、お買物ですから、ご心情的に難しいとは思うのですが、①「そろそろマイホームを」②「広告等で掲載されている支払例から物件探し」③「住宅ローン相談」も良いのですが、①③②の順番でお探し初めになられても決して遅くはありません。

具体的にご検討になられる物件も同じだと思います。「何故良いのか」「価格が安いのか」「希少性があるのか」等根拠付けてご検討頂くと、迷いやご不安も払拭されるかと思います。

数千万円と云うお買い物をなされるのですから、お客様ご自身がご納得できる迄、私共不動産業者の知識と経験を「もっともっと」ご利用下さい。